カンピロバクター (Campylobacter)とは

カンピロバクター (Campylobacter)は、このようなときに。

カンピロバクターに関する試験に関して、下記のようなご相談が多く寄せられています。

  • 食肉加工食品の品質検査を検討している。カンピロバクターを検査したほうがいいでしょうか?
  • カンピロバクターを混入させないため、施設で予防衛生対策を練りたい。
  • 新製品の食肉工食品を考えている。工程を検討したい。
  • カンピロバクターが付着したことによる、食品の品質について影響

ご相談はお電話(027-253-1515 平日8:30から17:30まで)やメール(24時間)で受け付けています。
実施がお決まりの場合には、検査の流れ検査依頼書のダウンロードをご確認ください。

食品検査はセットがお得です。おすすめ食品検査セットプラン一覧でご確認下する。

カンピロバクターの検査

畜肉を中心とした食品でカンピロバクター検査は対象になります。食品に混入した場合、下痢症など食中毒に関与します。カンピロバクターには優れた増菌培地と分離培地があり、菌検出は容易です。分離菌の菌種同定は他の病原菌とは異なる手法を用います。

カンピロバクターの分布

鶏や牛などの家禽類の腸内に生息しています。カンピロバクターによって汚染された動物が食用肉として摂取されると、食中毒が引き起こされることになります。また、飲み水や牛乳などが汚染されることもあり、これらを摂取したことにより食中毒が発生することがあります。汚染された食用肉を調理した包丁、まな板などが細菌で汚染されることもあり、注意が必要です。

微生物検査単項目
一般生菌数大腸菌群E.coli(大腸菌)腸管出血性大腸菌O-157
サルモネラ黄色ブドウ球菌カビ・酵母セレウス
カンピロバクタークロストリジウム属菌数ウェルシュ菌腸炎ビブリオ
乳酸菌数リステリア好気性芽胞数総嫌気性菌
参考情報

食品健康影響評価のためのリスクプロファイル~ 鶏肉を主とする畜産物中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリ ~

このページの先頭へ戻る