クロストリジウム属菌 (Clostridium)

クロストリジウム属菌(Clostridium)は、このようなときに。

クロストリジウム属菌に関する試験に関して、下記のようなご相談が多く寄せられています。

  • クロストリジウム属菌はどこからうつるのですか?予防衛生対策をしたい。
  • クロストリジウム属菌の検査は何日かかりますか。

食品検査はセットがお得です。おすすめ食品検査セットプラン一覧でご確認下する。

ご相談はお電話(027-253-1515 平日8:30から17:30まで)やメール(24時間)で受け付けています。
実施がお決まりの場合には、検査の流れ検査依頼書のダウンロードをご確認ください。

クロストリジウム属菌の検査

偏性嫌気性の胞子形成するグラム陽性の桿菌です。嫌気的条件下でのみ発育することが可能な菌です。胞子形成により、高温、凍結乾燥、酸、アルカリ、紫外線、殺菌剤等のストレスに対して強い抵抗性を持ちます。

クロストリジウム属菌の成分規格

食品衛生法では、特定加熱食肉製品、加熱食肉製品(包装後加熱殺菌)ではクロストリジウム属菌が1gにつき1,000以下であることが規定されています。

クロストリジウム属菌の分布

クロストリジウム属菌は、土壌、海、ヒトや動物の消化管など自然界に広く分布しています。食品への汚染の可能性が高い細菌です。この中でも、食肉や魚介類などの食品で汚染されることが多いため、これらの食品は特に注意が必要です。

微生物検査単項目
一般生菌数大腸菌群 E.coli(大腸菌)腸管出血性大腸菌O-157
サルモネラ黄色ブドウ球菌カビ・酵母セレウス
カンピロバクタークロストリジウム属菌数ウェルシュ菌腸炎ビブリオ
乳酸菌数リステリア好気性芽胞菌数総嫌気性菌
参考情報

食品衛生検査指針 微生物編 2015 (社団法人 日本食品衛生協会)

このページの先頭へ戻る