サルモネラ (Salmonella spp.)とは

サルモネラ (Salmonella spp.)はこんなときに。

サルモネラ属菌に関する試験に関して、下記のようなご相談が多く寄せられています。検査だけでなく、農場でのサルモネラ汚染や予防コンサルティングもできます。

  • サルモネラを検査したほうがいいでしょうか?
  • サルモネラを混入させないため、施設で予防衛生対策を練りたい。
  • 新製品の食肉工食品を考えている。工程を検討したい。
  • 農場のサルモネラふきとり検査をしたい
  • サルモネラ由来の乳房炎対策を行いたい。
  • と殺・解体工程等での汚染鶏対策はどうしたら?

ご相談はお電話(027-253-1515 平日8:30から17:30まで)やメール(24時間)で受け付けています。
実施がお決まりの場合には、検査の流れ検査依頼書のダウンロードをご確認ください。

食品検査はセットがお得です。おすすめ食品検査セットプラン一覧でご確認下する。

サルモネラの分布

通性嫌気性グラム陰性桿菌動物であり、恒温動物、変温動物を問わず様々な動物を宿主とする。自然界(川、下水、湖など)にも広く分布。生肉、特に鶏肉と卵を汚染することが多い。乾燥に強い特徴がある。

微生物検査単項目
一般生菌数大腸菌群 E.coli(大腸菌)腸管出血性大腸菌O-157
サルモネラ黄色ブドウ球菌カビ・酵母セレウス
カンピロバクタークロストリジウム属菌数ウェルシュ菌腸炎ビブリオ
乳酸菌数リステリア好気性芽胞数総嫌気性菌
参考情報

このページの先頭へ戻る