ノロウィルス ふきとり 検査の実施について

 ノロウィルス ふきとり 検査

ノロウィルス とは、食品を介して胃腸炎を引き起こすウィルスです。

施設内の ふきとり 検査で ノロウィルス 汚染の高い予防効果があります。

ふきとり箇所例

調理器具類(まな板、包丁、ふきんなど)
取っ手(冷蔵庫、トイレタリー)
蛇口(トイレ、厨房、浴室)
調理者のエプロン・手指

ノロウィルスふきとり箇所の例

ノロウィルスふきとり箇所例

ノロウィルス ふきとり 検査方法

高感度PCR法による定性検査 ※陽性・陰性判定となります。

検査納期

検体到着日から1~2営業日

ふきとり 検体の保管と発送

宅配検査キットやふきとり後の検体は必ず冷蔵で保管してください。当社への発送も冷蔵便でお願いします。

検査のステップ

 ノロウィルス ふきとり 検査のご依頼から報告までの流れ

 

参考リンク

厚生労働省

このページの先頭へ戻る