腸内細菌検査 ( 検便 検査 )

腸内細菌検査 検便検査 とは

検便に関する試験に関して、下記のようなご相談が多く寄せられています。

  • 便は何日持つのですか?菌が繁殖しませんか?
  • 検査結果は受け取りまでに何日かかりますか。
  • ノロウィルスも一緒に検査できますか

よくあるお問い合わせについて、腸内細菌検査(検便検査)FAQをご用意いたしました。

検便検査がお得です。項目は検便検査でご確認下さい。

採便キットのご送付や検査日程ご相談はお電話(027-253-1515 平日8:30から17:30まで)やメール(24時間)で受け付けています。
実施がお決まりの場合には、検査の流れ検査依頼書のダウンロードをご確認ください。

検便検査

食品衛生法、大量調理施設衛生管理マニュアル、都道府県条例等に基づき、食品を取扱う事業者等は製造、加工、調理、販売等の従事者を対象とした検便の実施に努める必要があります。定期的に検便検査を行うことで、健康保菌者の判別が可能となり、食中毒発生や他者への感染のリスクを低減させることができます。症状がない健康保菌者が食品の取扱を行う場合、食中毒につながるケースがあります。

検便検査項目

  • 赤痢菌、サルモネラ、パラチフス菌、チフス菌、腸管出血性大腸菌O157
  • ノロウィルス
参考情報

厚生労働省
大量調理施設衛生管理マニュアル(最終改正:平成29年6月16日)(PDF:320KB)
大量調理施設衛生管理マニュアル(新旧対照表)(PDF:151KB)

このページの先頭へ戻る