~新型 コロナウィルス への対策を応援します~ 通販型食品 の製造販売についてのご支援

2020年5月13日

通販食品 を開発したいとお考えのお客様に。

新型 コロナウィルス 感染拡大の社会的な影響から、「宅配型、 通販型食品 等の開発、製造、流通のための品質管理」をご検討のお客様に当社では品質検査、食品保存検査、栄養表示試験を対象にご支援価格を設けることにいたしました。内容については個別試験の組み合わせによって異なります。当社までお問い合わせください。

1.細菌検査
食品の安全性を確保するために、食品が食中毒菌に汚染されていないか、菌数に異常が無いか、一定条件下での菌数の変化を調べるなど、その製品の特性に合せた検査が必要です。

2.食品保存検査

食品の「消費期限」「賞味期限」を科学的、合理的根拠をもって、適正かつ客観的に設定するための検査です。期限の設定方法を説明するものとして、平成17年2月に厚生労働省・農林水産省から提示された「食品期限表示の設定のためのガイドライン」をもとにした検査としてご利用頂けます。。

3.栄養表示

食品表示法により、原則として全ての消費者向けの加工食品及び添加物への栄養成分表示が義務化となりました。
現行の食品衛生法では表示対象とはされていない、簡単な加工等を施した食品も区分の見込みとなります。
当社では食品表示に関する基本栄養成分等の分析をご用意しました。栄養成分表示や品質管理にお役立て下さい。

AHCホームページ(https://www.ahc-bact.co.jp/)
より良い食品のために(For Good Foods)を合言葉にして、当社では、様々なサービスを提供しています。
当社のホームページでは各種サービスの内容や依頼書のダウンロードが行えます。
検査前のご相談はもちろん、検査後のフォローアップについても、担当の技術者が無料で行っています。

このページの先頭へ戻る