虫類の遺伝子同定

2019年4月10日

虫類の同定遺伝子検査

虫と推定される異物の検体依頼では、お客様から虫種を判別されたいとのご依頼があります。当社では外部形態観察による「科」レベルの判別と「属」や「種」レベルまでの判別検査を受け入れております。当社では下記のようなご依頼に対応しています。

「種」までの同定実例

試料:外形からは判断できない虫体様一部

虫の異物断片を使用して「種」を明らかにしたい。

塩基配列決定法による遺伝子同定 ⇓

検査試料からDNAを抽出します。このDNAの塩基配列中の特定の配列部分を調べることで、対象となる生物の種を特定します。

判定 ⇓

Periplaneta fuliginosa(クロゴキブリ)と判明

DDBJ(日本)、NCBI(アメリカ)に登録されるデータを元に解析します。

報告

内容:試料写真、同定結果、所見、近縁上位との同一性(%)

 

ご興味があれば、お問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。

 

株式会社AHC

TEL 027-253-1515

メール

このページの先頭へ戻る