家畜検査

MS(RSA)鶏/抗体検査
検査内容

別名:マイコプラズマ・シノビエ 分析方法:血清平板凝集反応(RSA)

検査日数

2~4営業日

検査料金

300円

【 MS(RSA)抗体検査について 】
鶏におけるマイコプラズマ・シノビエ感染の抗体があるかどうかを確認することができる検査になります。
鶏のマイコプラズマ症はマイコプラズマ属菌の感染により引き起こされる慢性の呼吸器病です。単独感染での病原性は弱いですが、他の呼吸器病原体との混合感染により産卵低下や、発育不良、気嚢炎などの原因となります。MSはMGに比べ病原性は弱いものの、感染力が強く長期間持続して感染するため清浄化は難しいとされています。RSA検査ではウイルス病ワクチン接種後などに非特異的な反応が発生することがあり、非感染個体でも疑陽性や陽性と診断される場合があります。

鶏/抗体検査
検査内容

別名:マイコプラズマ・ガリセプチカム 分析方法:血清平板凝集反応(RSA)

検査日数

2-4営業日

検査料金

250円

MG抗体検査について
鶏におけるMG(マイコプラズマ症)の抗体があるかどうかを確認することができる検査になります。
鶏のマイコプラズマ症はマイコプラズマ属菌の感染により引き起こされる慢性の呼吸器病です。単独感染での病原性は弱いですが、他の呼吸器病原体との混合感染により産卵低下や、発育不良、気嚢炎などの原因となります。MGによる産卵低下の軽減のためにワクチンが使用されますが、感染を防ぐ効果はないため衛生管理など従来の対策をとることも重要です。

【検体輸送】
全血で0.5~1ml程度を冷蔵便で当社に送付。
027-253-1515
営業時間 8:30~17:30 土日祝日休
お気軽にご相談下さい。
このページの先頭へ戻る