腸内細菌科菌群

2022年7月29日

平成23年9月に生食用食肉の成分規格が「腸内細菌科菌群(Enterobacteriaceae)が陰性であること」に設定されました。

腸内細菌科菌群検査では大腸菌群検査では見落としてしまう乳糖非発酵性腸内細菌も対象としているため、食肉等で要求される衛生微生物の汚染を把握することができます。

当社は腸内細菌科菌群検査に対応しております。

セットの入れ替えも対応します。

よろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ戻る