人と暮らしと環境に バイオテクノロジーの思いやりを

検査・分析

  • 「出荷後の商品から異物が出てきてしまったが、混入経路がわからない」等。創業40年以上の経験をもって、クレームを最短解決へ導きます。ピンチは信頼力向上のためのチャンスに変えることができます。ご用命下さい。
  • 包丁やまな板は、微生物等の目に見えない汚れが付着していることが少なくありません。冷蔵庫の取っ手やスライサーの刃等。見逃しがちなポイントに感染の原因となるものがないかを、拭き取り検査でチェックします。検査項目は一般生菌、大腸菌(群)、黄色ブドウ球菌、真菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ等。
  • 主に畜水産物加工品を分析する検査です。抗生物質・合成抗菌剤などの動物用医薬品が、厚生労働省の通知に記載された基準値を超えていないか分析します。
  • 「賞味期限・消費期限を設定したい」等。微生物検査を実施し、食中毒菌の数を測定させて頂きます。一般生菌数、大腸菌群、黄色ブドウ球菌等。検査の基礎プランとして『品質検査基礎セットプラン』をご用意しております。初めての方にも安心してご利用頂けます。
  • ご相談内容ごとに適切な細菌検査項目を選定し、お客様の高い衛生意識・ニーズからくる自主検査を精一杯お手伝い致します。
  • 赤痢菌、サルモネラ、O-157、コレラ菌、腸炎ビブリオ等。腸内細菌検査(検便)を行うことで健康保菌者を見つけ出し、食中毒感染のリスクを回避することが可能です。食品加工施設や給食施設の方。学園祭等のイベントで飲食物を提供することになり事前の検便検査が必要となった方等。ご用命下さい。
  • 油脂の酸化の指標である「酸価」と「過酸化物価」の規格基準値が基準値を超えていないか分析します。
  • 衛生指標菌のひとつである一般生菌数を、標準寒天培地という栄養条件下で測定。食品衛生法の成分規格に基づき検査を行います。工場内の汚れの溜まりがちな部屋等。ご用命下さい。一般生菌以外にも、大腸菌群数、カビ・酵母、セットプランもございます。
  • 家畜(ウシ、鶏、豚)の各種検査を実施。鶏のサルモネラ菌をはじめとして、農場の疾病、汚染度を判断するための適切な検査等もお引き受け致します。データは農場別に蓄積。より効果的な防疫および衛生指導を行います。
はじめての方も安心業種別おすすめ検査
詳細はこちら
衛生管理証明書
食品微生物検査・拭き取り検査・落下細菌検査などの衛生検査を定期的に実施されているお客様を対象に衛生管理証明書を発行致します。
※発行条件や有効期限などの詳細はお問い合わせください。

ニュース・お知らせ

  • ニュース&
    トピックス
  • 食品関連
    ニュース
  • 家畜病院関連
    ニュース
このページの先頭へ戻る