鶏病の常在化傾向

2019年9月11日

鶏病

養鶏農場へ一度侵入した感染症は常在化する傾向にある。現在わが国の採卵養鶏の現場でよく見られる感染症を常在化の実態に応じて、重要な感染症について区分する。

マイコプラズマ・シノビエ(MS):

MSは薬剤による浄化がむずかしく、マイコプラズマ・ガリセプティクム(MG)と比較しても、より生産農場に常在化しやすい感染症といえる。採卵養鶏においてはMSの介卵感染は孵化率の著しい低下を招くケースが有る。

マイコプラズマ・ガリセプティクム(MG):

呼吸器病の副次感染することから、常在化する病原の筆頭に上げられる。MG感染は、 鶏伝染性気管支炎(IB)を主としたウィルスが繁殖する機会におきる。MG感染症は慢性の産卵障害を招くことも多く、生産管理上注目する必要がある。

衛生検査

鶏マイコプラズマ病の検査は,発症鶏群においては,主として剖検及び細菌検査により行われ,不顕性感染鶏群においては,主として血清学的検査により行われる。血清学的検査は診断用菌液を用いた平板凝集反応により行う.

㈱AHCでは養鶏場様からのMG、MS受託検査を行っています。

宜しくお願い致します。

このページの先頭へ戻る